クーリングオフ、特定商取引法の解説、行政書士黒川事務所  
悪徳商法(マルチ・倒産会社)エステ中途解約クーリングオフ手続き代行。内容証明郵便






特定商取引法ハンドブック




逐条解説 消費者契約法


お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク


解約どっとネット > 新聞記事等原稿 >マルチ商法など解約(特商法の改正)

マルチ商法など解約(特商法の改正)

マルチ商法を勧められ会員になり、70万円近くの健康食品や洗剤類を購入しましたが、どうしてもこのまま続けていく自信がありません。

退会したいと言うと、クーリングオフ期間が過ぎているから退会できないと言われました。

商品はダンボールに入ったまま部屋においてあります。このままクレジット支払をし続けていくしかないのでしょうか?助けて下さい。

こういった被害が多いため、十一月に、マルチ商法や点検商法などを規制する法律が改正されたばかりです。

まず、マルチ商法についてですが、いつでも「退会」することができるようになりました。

その場合、

  1. 入会後年未満であること(取引条件の変更は除かれます)。
  2. 商品の引渡しを受けてから90日未満の商品であること。
  3. 商品を再販売していないこと。
  4. 商品を使用又は消費していないこと。
  5. 自らの責任で商品を滅失又はき損していないこと。

という条件がそろっていれば、商品販売契約も解除でき、返品して購入価格の90%相当額の返金を受けることができるようになったのです。

契約が法律改正前であれば、適用されませんが、それでも、入会時の話しと実際が異なるなど、個別に解約条件があれば返品することができます。

このような、悪徳商法の被害相談は、 「解約どっとネット」http://www.kaiyaku.net/で、メール無料相談をご利用いただけます。消費者問題専門法律家の意見を聞いてみてくださいね。

マルチ商法被害の手口などは、こちらのページへマルチ商法の解約概要についてはこちらのページ(また、クーリングオフ経過後でも、あきらめないでね。)

今すぐ相談する! このページの一番上へ

2004年2月14日
宇部日報新聞掲載

☆身近なトラブルQ&A☆


2005年2月24日
福島民友新聞
「TOUCH(タッチ)」掲載

☆身近なトラブルQ&A☆
 
信頼の声
クーリングオフ
クーリングオフ経過後の解約
よくある被害商品一覧
訪問購入クーリングオフ
エステクーリングオフ・解約
結婚相談所クーリングオフ
英会話クーリングオフ・解約
浄水・活水器クーリングオフ
布団クーリングオフ
携帯電話詐欺・出会い系
宗教の脱退・退会
マルチ商法の解約
マルチ商法の解説
マルチクーリングオフと中途解約
マルチ商法の手口と事例
マルチ商法被害体験談
マルチ商法業者名一覧
新聞掲載Q&A(マルチ商法の解約)
内職・資格商法解約
デート商法・恋人商法解約
悪徳商法被害手口事例
行政処分業者一覧
倒産販売業者一覧
2次勧誘業者一覧
内容証明の基本
豆知識・参考資料
特定商取引法
消費者契約法
割賦販売法
新聞掲載記事一覧

なにがなんでも!
内容証明研究会



バックナンバー一覧
カテゴリー別一覧
Powerd by
まぐまぐ

エステクーリングオフ中途解約
デート商法クーリングオフ代行手続き
内容証明研究会
債権回収方法と手続
債務整理4つの方法
自転車事故慰謝料請求
自動車事故慰謝料請求
賃貸トラブル解決
男女の慰謝料請求サイト
相続手続,遺産分割協議
成年後見制度の解説
尊厳死の宣言書
労働どっとネット
事務所概要 | プライバシーポリシー | リンクについて |  ホーム
Copyright(C) 2004-2013 行政書士黒川事務所 , All rights reserved.
無料相談 悪徳商法クーリングオフは解約どっとネット 無料相談