クーリングオフ、特定商取引法の解説、行政書士黒川事務所  
悪徳商法(マルチ・倒産会社)エステ中途解約クーリングオフ手続き代行。内容証明郵便






特定商取引法ハンドブック




逐条解説 消費者契約法


お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク


解約どっとネット > 割賦販売法逐条解説第1章

割賦販売法わかりやすく逐条解説 第1章

クレジットのしくみって?

法律を読むのは大変ですよね。でも、やっぱり、知っておきたいですよね? 難しい法律の言葉ではなく、わかりやすく1条1条、割賦販売法を口語訳してあります。 このページでは第1章(総則)を解説しています。

第1章 総則

(目的及び運用上の配慮)

第1条 1項
割賦販売(クレジット)等の取引を公正にして、購入者等の利益を保護し、商品等の流通や役務の提供をスムーズにして国民経済の発展に役立つことを目的としています。
2項
割賦販売(クレジット)等を行なう中小商業者が安定し、盛んになる様に気をつけなければなりません。

(定義)

第2条 1項
割賦販売とは、購入者から代金を2ヶ月以上の期間で、3回以上に分割して受領することを条件として指定商品を販売することをいいます。
2項
ローン販売とは、商品の代金を払うのに、購入者が金融機関からお金を借り入れ、2ヶ月以上の期間で、3回以上に分割して金融機関に返還することを条件に、指定商品を販売することをいいます。
3項
割賦購入あっせんとは、購入者が、信販会社等とあらかじめ契約を結んでいる販売業者(加盟店)から指定商品を購入し、信販会社等が、販売業者に対してその商品の代金を一括して支払い、その代金を購入者から2ヶ月以上の期間で、3回以上に分割して受けとりることをいいます。
4項
「指定商品」とは、政令で定めてある商品で、「指定権利」とは、政令で定めてある施設の利用や映画や劇の観賞など国民の日常生活に係るものの販売で、「指定役務」とは、政令で定めてある物の取り付けなどの日常生活に有償で提供される行為です。( 35条の3の2、3を除く)
5項
「前払式特定取引」とは、る商品の引渡しの前に購入者等から商品の代金全部又は一部を2ヶ月以上期間で、3回以上に分割して受領するものをいいます。

今すぐ相談する! このページの一番上へ


  
信頼の声
クーリングオフ
クーリングオフ経過後の解約
よくある被害商品一覧
訪問購入クーリングオフ
エステクーリングオフ・解約
結婚相談所クーリングオフ
英会話クーリングオフ・解約
浄水・活水器クーリングオフ
布団クーリングオフ
携帯電話詐欺・出会い系
宗教の脱退・退会
マルチ商法の解約
内職・資格商法解約
デート商法・恋人商法解約
悪徳商法被害手口事例
行政処分業者一覧
倒産販売業者一覧
2次勧誘業者一覧
内容証明の基本
豆知識・参考資料
特定商取引法
消費者契約法
割賦販売法
総則
割賦販売の標準条件
前払い式割賦販売
ローン提携・割賦購入斡旋
新聞掲載記事一覧

なにがなんでも!
内容証明研究会



バックナンバー一覧
カテゴリー別一覧
Powerd by
まぐまぐ

エステクーリングオフ中途解約
デート商法クーリングオフ代行手続き
内容証明研究会
債権回収方法と手続
債務整理4つの方法
自転車事故慰謝料請求
自動車事故慰謝料請求
賃貸トラブル解決
男女の慰謝料請求サイト
相続手続,遺産分割協議
成年後見制度の解説
尊厳死の宣言書
労働どっとネット
事務所概要 | プライバシーポリシー | リンクについて |  ホーム
Copyright(C) 2004-2013 行政書士黒川事務所 , All rights reserved.
無料相談 悪徳商法クーリングオフは解約どっとネット 無料相談