クーリングオフ、特定商取引法の解説、行政書士黒川事務所  
悪徳商法(マルチ・倒産会社)エステ中途解約クーリングオフ手続き代行。内容証明郵便






特定商取引法ハンドブック




逐条解説 消費者契約法


お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク


解約どっとネット > クーリングオフと解約 > 未成年者契約の解除

未成年者契約の解約

未成年者がした契約は、クーリングオフ期間が過ぎてしまっていても、解約することができます。

Step1  未成年者契約の解約

未成年者契約

20歳未満の人は未成年者ですので、法定代理人(普通は親)の同意を得ないで契約したものについて、本人または法定代理人は取消ができます。内容証明郵便で取消しましょう。

但し、以下の場合は取消しできません。

  1. 結婚している場合
  2. 法定代理人(親など)が、目的を定めて処分を許したお金でその目的範囲内で使う場合(法定代理人(親など)の同意があったものとみなされます)
  3. お小遣いの範囲で買ったもの(契約したもの)

成人だとウソをついて契約した場合

未成年者が契約時に「自分は成人だ」、「親から許可をもらっている」などと、ウソをついて契約した場合、未成年契約でも取消できません

今すぐ相談する! このページの一番上へ

Step2 未成年者契約の取り消しと追認

未成年者契約を取消しする効果

契約は初めからなかったことになります(無効です)。販売業者は支払われた金額を返還し、未成年者は、残っている分だけでかまわないので、その商品を業者に返します。

ただし、生活必需品の場合は、残っている分だけでなく、全額分返還しなければなりません。

追認

未成年の法定代理人(親など)がその契約を認めた場合はもちろんのこと、契約したときに未成年でも、商品を受け取ったときや、代金を払った時には20歳になっていたら、成人になった本人がその契約を追認したとみなされて、取消すことができません

今すぐ相談する! このページの一番上へ

 
信頼の声
クーリングオフ
クーリングオフ経過後の解約
- 解約の手順 -
2,3年経過後の解約方法
販売店倒産後の解約方法
- 中途解約 -
中途解約(継続的サービス)
中途解約(マルチ商法)
- 納得いかない契約の解約 -
クーリングオフ妨害後の解約
ウソをつかれた契約の解約
帰ってくれない契約の解約
帰してくれない契約の解約
複数・大量契約の解約
未成年者契約の解約
リースの中途解約
よくある被害商品一覧
訪問購入クーリングオフ
エステクーリングオフ・解約
結婚相談所クーリングオフ
英会話クーリングオフ・解約
浄水・活水器クーリングオフ
布団クーリングオフ
携帯電話詐欺・出会い系
宗教の脱退・退会
マルチ商法の解約
内職・資格商法解約
デート商法・恋人商法解約
悪徳商法被害手口事例
行政処分業者一覧
倒産販売業者一覧
2次勧誘業者一覧
内容証明の基本
豆知識・参考資料
特定商取引法
消費者契約法
割賦販売法
新聞掲載記事一覧

なにがなんでも!
内容証明研究会



バックナンバー一覧
カテゴリー別一覧
Powerd by
まぐまぐ

エステクーリングオフ中途解約
デート商法クーリングオフ代行手続き
内容証明研究会
債権回収方法と手続
債務整理4つの方法
自転車事故慰謝料請求
自動車事故慰謝料請求
賃貸トラブル解決
男女の慰謝料請求サイト
相続手続,遺産分割協議
成年後見制度の解説
尊厳死の宣言書
労働どっとネット
事務所概要 | プライバシーポリシー | リンクについて |  ホーム
Copyright(C) 2004-2013 行政書士黒川事務所 , All rights reserved.
無料相談 悪徳商法クーリングオフは解約どっとネット 無料相談