クーリングオフ、特定商取引法の解説、行政書士黒川事務所  
複数契約、過量販売に対する悪徳商法契約の解除。解約クーリングオフ手続き代行。内容証明郵便






特定商取引法ハンドブック




逐条解説 消費者契約法


お気に入り(IE)
はてなブックマーク
Yahoo!ブックマークに登録yahoo!ブックマーク


解約どっとネット > クーリングオフと解約 > 複数契約・過量販売契約の解除

複数契約・過量販売による契約の解除

常識で考えて、多すぎる量の契約については、クーリングオフ期間が過ぎていても解約できます

その1 過量販売に該当する契約とは?

解約ができる過量販売とは、以下のものいいます。

  1. 日常生活を送る上で、通常必要とされる分量を著しく超える契約。
  2. 業者が、『今回新たに契約を締結すると、その消費者にとって、日常生活上、通常必要とされる分量を著しく超えてしまうこと』を知っててする契約
  3. 業者が、『すでに、日常生活上、通常必要とされる分量を著しく超えてしまっていること』を知りながらする契約。

以上のような契約は、解約することができます。

業者が過量販売であることを、知らなかったと言うことがあります。できれば、知っていた証拠になるようなものがあれば保存しておきましょう。

今すぐ相談する! このページの一番上へ

その2 解約することができる期間

その1のような、複数契約・過量販売があった場合、その契約日から1年以内であれば、解約することができます。

この、1年以内であれば解約できる、というのは、特定商取引法に規定されている解約の権利です。ですから、過量販売だと感じたら、なるべく早い段階で、ご相談ください。

また、1年が経過してしまった場合、過量販売だから当然に解約できる、という権利は失われますが、その契約経緯や販売方法、商品の内容などによっては、消費者契約法の取消権を行使して解約することができる可能性も多々あります。

あきらめず、まずは、ご相談ください。

今すぐ相談する! このページの一番上へ

 
信頼の声
クーリングオフ
クーリングオフ経過後の解約
- 解約の手順 -
2,3年経過後の解約方法
販売店倒産後の解約方法
- 中途解約 -
中途解約(継続的サービス)
中途解約(マルチ商法)
- 納得いかない契約の解約 -
クーリングオフ妨害後の解約
ウソをつかれた契約の解約
帰ってくれない契約の解約
帰してくれない契約の解約
複数・大量契約の解約
未成年者契約の解約
リースの中途解約
よくある被害商品一覧
訪問購入クーリングオフ
エステクーリングオフ・解約
結婚相談所クーリングオフ
英会話クーリングオフ・解約
浄水・活水器クーリングオフ
布団クーリングオフ
携帯電話詐欺・出会い系
宗教の脱退・退会
マルチ商法の解約
内職・資格商法解約
デート商法・恋人商法解約
悪徳商法被害手口事例
行政処分業者一覧
倒産販売業者一覧
2次勧誘業者一覧
内容証明の基本
豆知識・参考資料
特定商取引法
消費者契約法
割賦販売法
新聞掲載記事一覧

なにがなんでも!
内容証明研究会



バックナンバー一覧
カテゴリー別一覧
Powerd by
まぐまぐ

エステクーリングオフ中途解約
デート商法クーリングオフ代行手続き
内容証明研究会
債権回収方法と手続
債務整理4つの方法
自転車事故慰謝料請求
自動車事故慰謝料請求
賃貸トラブル解決
男女の慰謝料請求サイト
相続手続,遺産分割協議
成年後見制度の解説
尊厳死の宣言書
労働どっとネット
事務所概要 | プライバシーポリシー | リンクについて |  ホーム
Copyright(C) 2004-2013 行政書士黒川事務所 , All rights reserved.
無料相談 悪徳商法クーリングオフは解約どっとネット 無料相談